news

回転曲げ疲労試験片

2021/4/30

昭和製作所の試験片は

材料試験に加工の影響がないように、きれいに磨いております。

回転曲げ疲労試験

 

その上、基本的に芯振れは1μ以下で作られております。

ご要望に応じて縦方向のミガキや粗さ出しも承っております。

材質はご支給材(実体)からの切り出しによるADC12相当です。

もちろん弊社にて材料購入(ミルシート付き)からの試験片製作も可能です。

 

材料の切り出し、切削加工において
材料に熱の影響や余計な応力をかけないよう努力しております。

 

最近では、
最終仕上げを含め加工における内部応力の影響について、
外部の機関と協力しX線測定(ひずみ)材料試験を行っております。

材料試験片

 

「どういった加工方法がより正しい結果を導けるのか」

「こういう材料にはこの加工方法が…」

 

といった研究を続けております。